胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭は、熱帯の植物となっていて、寒さがとても苦手な植物となっています。このため、真冬に購入したものは、温室育ちをすることが必要となります。
室内に置いておくことが必要ですし、また室内が寒いときなども、なるべく暖かくしましょう。最低でも7度以上の所に置いておく必要があります。
また、胡蝶蘭でも開花株は最低温度を15度ぐらいに保つという必要があります。また、季節的に、最低温度が18度を超えたぐらいになると、風通しの良い、外で置いておくことができます。しかし、梅雨の時期の長雨などには晒さない用に気を配ってください。
置き場所ですが、胡蝶蘭は、直接日光に当ててはいけない蘭となっています。このため、冬はレースカーテン越しなどの、日当たりのよい場所に置くことが良いでしょう。しかし、冷え込みそうな夜には、窓辺から遠ざけたり、湿度を保つためにも、段ボールなどに湯たんぽと一緒に入れておくなどの工夫が必要となります。
また、春からは、外に置くことができますが、その際にも直射日光を避けるために、市販の遮光ネットなどをとりつけ、直射日光が当たらないように、十分に遮光をすることが必要となります。しかし、朝晩冷えるときには、室内に入れるなどの対処をするようにしましょう。
胡蝶蘭の水やりの方法ですが、むやみに水をやるのは良くありません。
まず、水遣りをする時の基準として、植え込み材料の表面が、十分に乾いて水気が感じられなくなっているかどうか、確認しましょう。
表面が乾いていたら、水遣りを行います。
また、水遣りをする際には、室温位に温めた水を与えることが必要です。水を与えすぎてしまうと、根腐れとなってしまう原因となりますので、このあたりは十分注意するようにしましょう。しかし、胡蝶蘭は湿度を好む植物です。あまり乾燥してしまうと、つぼみが黄色くなってしまったりなどします。乾燥には強くなっていますが、ある程度空中の湿度が必要となりますので、暖房の効いた部屋なんかでは、暖かい時間帯には霧吹きなどで加湿するとよいでしょう。湿度が不足してしまうと、花の寿命も短くなります。
胡蝶蘭には、肥料が必要なイメージがありますが、開花中には特に必要がありません。開花も終盤になり、最後の花が咲き終わったらば、切り花にしたら、長く花を楽しむことができるのです。肥料は開花中に必要ありません。開花も終盤になって一番最後の花が咲き終わったら、切り花にすると結構長く花を楽しむ事ができます。

胡蝶蘭の育て方
http://www.kochoran.ne.jp/